犬好きのためのワンちゃんサイト わんわんDOGS

犬好き集合! 犬の情報サイト わんわんDOGS

軽快なしぐさ、精悍な姿、愛らしい瞳。たくさんの様々な魅力をもった人気の犬種を、紹介しています。

【Summary】
もっとも小さな犬として世界中に知られています。メキシコのチワワ市で発見されたことにちなんで名付けられました。後にアメリカに渡って、現在の超小型のスタイルが確立され、 人気の犬種になりました。大きな犬を向こうにまわしてもひるまないほどの勇敢な性格ですが、その分よく吠えるので、普通の住宅で飼育するときには無駄吠えをさせないしつけが 必要になるでしょう。出産は難産になりやすいのですが、体が小さいながらも大変丈夫なので手間がかからず、飼育しやすい犬種です。

【歴史】
1850年ごろにメキシコで発見され、アメリカに渡りました。世界でもっとも小さな純血種といわれますが、その犬種名は、メキシコ 最大州の「チワワ州」に由来しています。起源については諸説ありますが、9世紀ごろ、現在のメキシコ一帯を支配していたトルテック族 が飼っていた「テチチ」と呼ばれる犬が、チワワの原型という説が有力です。被毛は、ロング・コートとスムース・コートの2種類があり、 クリームをはじめ、レッドやチョコレート・タンなど、さまざまな毛色が認められています。

【容姿】
体重わずか0.5〜3キロという、純粋犬種の中で最も小さな犬です。ボディはコンパクトながらしっかりしていて、腰は筋肉質で頑丈です。 「アップル・ヘッド」と呼ばれる丸みを帯びた頭部が特徴です。パッチリとした大きな丸い目は暗色で、表情がとても豊かです。 大きな立ち耳は普段45度n角度に開いていて、緊張するとピンと直立します。尾は適度な長さで、上向きにカーブしています。 被毛は光沢のあるやわらかな短毛が密生するスムース・コートと、まっすぐかわずかにウェーブがかかった絹糸状の長毛のロング・コート の2タイプがあります。ロングは耳、首、四肢の後ろ側、尾に飾り毛があります。毛色に制限はなく、フォーン、ブルー、チョコレート、 ブラック・アンド・タンなどバラエティ豊かです。

【性格】
明るく活発です。好奇心が強く、ちょこまかと機敏に動き回ります。小柄ながら勇敢かつ大胆で、大型犬にさえ吠え掛かる怖いもの知らず な面もあります。独立心が強いですが、家族にはよくなつき、とくに飼い主には深い愛情を注ぎます。警戒心が強く、見知らぬ人には 心を許しません。

【手入れ】
皮膚疾患を予防するためにも、スムースもロングも毎日被毛の手入れをするのが基本です。スムースは獣毛ブラシで軽くとかすか、固く絞った布で拭きます。 ロングやピンブラシやスリッカーブラシで入念に手入れし、コームで整えて抜け毛を取り除きましょう。体臭が少ないので、シャンプーは月に1〜2回でOKです。 目にごみやホコリが入っていないか毎日チェックして清潔に保つほか、耳掃除、爪きり、歯磨き、足の裏の毛のカットも定期的に行いましょう。

【運動・食事】
室内で遊ばせるだけでも運動量としては十分ですが、日光浴やストレス解消を兼ねて短時間の散歩に連れて行きましょう。家族以外の人や他の犬と触れ合い、社交性を身に付けるためにも 散歩は大切です。時には安全な広場で自由に走らせたり、小さめのボールを使って遊んであげましょう。寒さに弱いので、冬季は洋服を着せるなどして防寒対策を万全にしてください。 夏季は早朝か日没後の涼しい時間帯を選びましょう。小柄ながら食欲が旺盛で、肥満になりやすい体質です。肥満になると足腰の関節や心臓に負担がかかるので、適度な運動とともに 食事の管理をきちんとして適性体重を維持することが大切です。骨を強くするために、カルシウムやリンなどを含むフードを選ぶといいでしょう。

【健康管理】
体が小さくて骨が細いため、階段や椅子などから飛び降りただけで骨折や脱臼をすることがあります。室内の段差をなくす、階段に柵を置いて入れないようにするなどの対策が 必要です。また、頭頂部の骨が完全に閉じていない犬が多く、衝撃に弱いので、頭をぶつけないように注意がいります。頭を叩くことも厳禁です。この他、水頭症やアレルギー性皮膚炎、 目の疾患などにも注意しましょう。
【標準DATA】
原産地 メキシコ
体高 オス、メス:12cm前後
体重 オス、メス:2.7kg以下
毛色 全ての色がある。
サイトメニュー
 
 
トイ
 
 
人気犬種ベスト10
 
犬と一緒に旅行