犬好きのためのワンちゃんサイト わんわんDOGS

犬好き集合! 犬の情報サイト わんわんDOGS

軽快なしぐさ、精悍な姿、愛らしい瞳。たくさんの様々な魅力をもった人気の犬種を、紹介しています。

【Summary】
ルイ14世時代のベルサイユ宮殿で変われて以来、貴婦人たちから寵愛を受け、フランスを代表する犬ともいわれています。大きく広がった耳が蝶に似ていることから、フランス語の蝶を 意味する名前が付けられました。嫌味のないエレガントさが、人気の秘密でしょう。華やかさの原因となっているのが、美しい絹糸のような長毛です。しかし下毛がないので、手入れが楽な 被毛です。快活ですが、多少わがままな面もあり甘え上手なので、厳しく社会のルールを教え込むことが、飼育の重要事項になるでしょう。

【歴史】
スペインのスパニエルがルーツといわれています。体が小さいことから、「スパニエルナン」と呼ばれて愛されました。 パピオンとは、フランス語で「蝶」のことです。飾り毛の立派な両耳が、蝶の羽のように見えることから名付けられました。 ルイ14世の時代には、貴婦人たちの肖像画にたびたび登場するなど、上流階級でとても人気がありました。イタリアのボローニャ地方で 繁殖され、高い値段で取引されていたといわれています。

【容姿】
調和のとれた、ほっそりとした体つきです。体高より体長がやや長く、背中のラインは平です。胸は幅が広く、深さもあります。 四肢はまっすぐで細いものの、丈夫です。マズルは細くとがっていて、大きなアーモンド形の暗色の目は表情が豊かです。最大の特徴である 立ち耳は外向きに開き、外側が長い飾り毛に覆われ優雅な印象を際立たせています。垂れ耳のタイプもいて、こちらも美しい飾り毛に 覆われています。尾は付け根の位置が高く、飾り毛が豊かです。動いているときは背線上に掲げられ、カーブを描きます。被毛は下毛のない 豊富なシングル・コートで、軽くウェーブがかかっており、絹糸のようにつややかです。耳、尾のほかに胸や四肢にも飾り毛があります。 毛色は白地にブラック、ブラウンなどの斑があります。

【性格】
優美な外見ですが、明るく活発で元気いっぱいです。好奇心が旺盛で、遊びが大好きです。飼い主や家族には甘えん坊で、独占欲が強い面も あります。人懐こくて、見知らぬ人にも友好的です。利口でしつけもよく覚えます。プライドが高くて気が強い反面、繊細なところもあります。

【手入れ】
抜け毛が少なく、長毛のわりに手入れは簡単ですが、美しい被毛を保つためには毎日のブラッシングが欠かせません。細かく切れやすい毛質なので、ピンブラシやコームで優しくとかしましょう。 首周り耳、尾の飾り毛は毛玉になりやすいので、とくに入念に手入れをします。シャンプーは月1〜2回が目安です。涙や目ヤニをこまめに拭いて間の周りを清潔に保ち、涙焼けを 防ぐことも必要です。立ち耳ですが、飾り毛に覆われていて蒸れやすいので、耳掃除も定期的にします。爪きり、歯磨き、足の裏の毛のカットも行いましょう。

【運動・食事】
小柄ながら活発なので、室内や庭でたっぷり遊ばせるほか、朝夕2回、各15〜20分の散歩に連れて行きましょう。運動能力が高く、訓練もしやすいので、アジリティなどのドッグスポーツ に挑戦しても楽しく過ごせます。四肢が細いので、ジャンプなどには十分注意し、無理させないようにしてください。 肥満になりやすい体質ではありませんが、食事やおやつの与えすぎは禁物です。年齢や運動量などを考慮して、適量を与えることが大切です。骨を丈夫にするカルシウムやリン、 ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれたフード選びをしましょう。

【健康管理】
骨が細くて華奢なので、膝蓋骨の脱臼や骨折に要注意です。室内に段差をなくす、高いところからの飛び降りをさせない、滑りやすいフローリングには絨毯を敷くなどの対策を して怪我を予防しましょう。定期的に膝関節の検査を受け、歩き方がおかしかったらすぐに動物病院へ行きましょう。この他、流涙症や眼瞼内反症などにも注意が必要です。
【標準DATA】
原産地 フランス
体高 オス、メス:26〜30cm
体重 オス、メス:5kg以下
毛色 白が優性で、黒、茶、赤の斑がある。トライカラーもある。
サイトメニュー
 
 
トイ
 
 
人気犬種ベスト10
 
犬と一緒に旅行