犬 飼い方 しつけ方 犬種のしくみ・骨格

aa数千年の昔から、人間と犬は良きパートナーでありました。現在では、日本全国で1000万頭も飼い飼われているとも言われ、生活にとても深く結びついています。

この中でも、犬の飼い方やしつけの方法がよくわからないという人も多いと思います。
そこで当サイトではよく知られている人気の犬種を紹介すると共に、飼い方の基本的な知識やしつけの方法などをわかりやすく解説しています。

できるだけ詳しく説明し、共に暮らす生活を楽しみたい方・飼い方の、お役に立てれば幸いです。

平和のおかげで、飼ぬしになる人が非常に増加しました。
飼い方も単なる番犬からペットとして、また伴侶犬として、もっとも身近な動物へと変わってきました。
しかし、飼いぬしが増えるとともに、当然、それに関するトラブルも多く発生するものです。
その多くは飼われる前に、犬という動物についてしっかりとした飼い方・しつけに関する知識を持っていなかったことによるものです。

■犬は生き物であり、必ず死ぬということ。
■飼いぬしになったら、生涯面倒をみること。きちんとしつけましょう。
■犬を安易な気持ちで、衝動的にかわない。
■飼いぬしになった以上は、犬の体と心の健全な発育に努めること。
■環境に適した、犬としての正しいしつけをすること。
■犬の他人に迷惑をおよぼすような悪い癖は、早期に修正すること。しつけです。

これらのことは、当たり前のことですが、犬についての知識が乏しいと、飼いぬしなどが、いろいろなトラブルに巻き込まれてしまいます。
これら基本的な知識に基づいて、愛犬の選び方、飼い方やしつけについて、解りやすく解説しています。
特に犬と人間が仲良く暮らしていくときに欠かせない「飼い方」「しつけ方」について、詳しく説明しています。
また、犬の魅力を紹介すると共に、犬種別の特徴を掲載していますので、購入する際の目安としてご活用いただけると思います。

飼われる前にぜひ一読、飼われてからさらに一読、そしてもしも難問に遭遇した場合にさらに一読されれば、愛犬家としての飼い方・しつけ方の常識を得られ、愛犬との生活を楽しむことができるでしょう。

犬の飼い方やしつけに関する知識を知っておきましょう。飼いぬし必読です。

犬の飼い方やしつけは分かりますか。いつも私達の身近にいる犬ちゃんたち。つい見落としがちな飼い方や基本的な生態などの知識。

このしつけ方や飼い方の認識は犬のことがわかる第一歩になります。

ここでは、犬の種類と性格を知りましょう。
犬の歴史、本質、忠実さや明るさ、寿命、人生、なぜ忠誠心が強いのか、習性が人間に役立つ場合などのしつけや飼い方を知りましょう。
体の仕組みは、骨格、鼻、耳、目、脳、歯、胴体・腹、体毛、足、ひげ、尾など。
しぐさを読み取ります。吠える、喜ぶ、なめる、尾を振る、怒る、噛むなどのしつけはとても大事なことです。

しつけ方・飼い方の参考にどうぞ。

種類と性格 体のしくみ しぐさ
>>種類と性格             >>体のしくみ             >>しぐさ

飼いぬしは、犬に対する心構えはできましたか? 犬のしつけ・飼い方は分かりますか。これからいよいよ犬との生活のための準備をしましょう。

押さえる点は、飼う目的とタイプを知ることです。飼い方のポイントです。

犬と楽しく暮らすために、一生、飼う責任があります。犬選びは種類、大きさ、性別で。
入手先は手軽さが魅力のペットショップ。きめ細かな対応のブリーダー。
健康な犬は、外見から分かります。

暮らすためのポイントは、外で飼うか室内で飼うか、ここでのしつけも大切です。トイレ。飼うための用具など。

オーナーにとって、飼い方やしつけ方に少しでも役立てばと思います。

犬との生活のため 犬との生活ポイント
>>犬との生活のため        >>生活ポイント            

犬が人間社会のなかに入って生活するために、しつけとは必要最低限のルールを教えることです。

飼いぬしは責任を持って愛犬をしつけていきましょう。ここでしっかりとしつけ方法と飼い方を知りましょう。

しつけの意義と基本のしつけ方では、「しつけ方」とは服従させることなど、しっかりほめる、しかる。子供時代のしつけは一生もの、効果的なしかり方とタイミング、痛みによって学習する。

「イケナイ」と「ヤメ」、しつけの第一歩は「スワレ」。自制心を養う「マテ」。「コイ」は信頼関係の証。服従心を養う「フセ」長時間待たせる「ヤスメ」。しつけは大切です。

食事の時間と場所は一定にしつけに効果的。食事の合図。こぼれたものを食べさせない。拾い食いをさせない。食事中もうならせない。しつけ方と飼い方がとても重要です。

散歩はマナーとしつけが大事、出発時は、出口でいったん停止する。ひも付き行進を教える。人に飛びつかないしつけを。トイレのしつけは習性を利用。犬の生理に合わせて習慣づけ。犬用のトイレを使用する。飼い方としてとても大切です。


主従関係を明確にするでは、甘やかしすぎは逆効果、脚側行進で服従性を。

飼いぬしはしつけや飼い方のご参考にしてください。

しつけの仕方 主従関係の明確化
>>しつけの仕方           >>主従関係の明確化            

飼い方を知る上で、食べ物を与えるのは人間です。なので、飼いぬしは、その食べ物の栄養のことや量や回数など、食事には十分に気を配ってあげましょう。よりよい飼い方です。食事中のしつけも大切です。

犬に必要な栄養素では、水、タンパク質、糖質、脂肪、ミネラル、ビタミン、犬に必要な栄養量の目安。飼い方・しつけの基本でもあります。

エサのメニューと与え方では、子犬から幼犬期の食事、成犬の食事、老犬期の食事。しつけ方に合わせて知っておきましょう。飼い方にとってとても大切。
ドックフードの与え方、与えてはいけない厳禁食べ物。これも飼い方です。

食事に関するしつけ方もしくは飼い方のご参考に。

大切な栄養素 食事の献立と与え方
>>大切な栄養素           >>食事の献立と与え方            

犬の妊娠は約60日の期間があります。ここでの飼い方、しつけ法を知っているでしょうか。

愛犬に元気な赤ちゃんを産ませてあげられるように、発情の仕組みから子犬の育て方まで、正しい知識を覚えましょう。これも飼い方の基本です。

犬の結婚では、恋の季節、発情期。相手を選ぶのはメス犬、交配の準備と申込み、オス側への報酬、交配の実際。飼い方やしつけが非常に大切です。
飼いぬしにとっての妊娠中の気配り、目配りでは、妊娠の過程、妊娠中に気をつけたいこと、妊娠中の食事。

近づく出産に備えて、早産と遅産、出産の準備、出産後の心配り。これも飼い方。

優しく見守りたい母犬と子犬、子犬の世話、子犬を育てない母犬の場合のこと。しつけです。

妊娠や出産では、不安なことが多くあると思います。しつけや飼い方のご参考になればと思います。

犬の結婚 妊娠中に気をつけること 出産に備える 母犬と子犬
>>犬の結婚         >>妊娠中に気をつける   >>出産に備える      >>母犬と子犬            

犬の健康を守ってあげるのも飼いぬしの務めです。

ささいな体調の変化を見逃さないように気を配って、愛犬を病気や怪我から守ってあげましょう。しつけと合わせて覚えます。

 右マーク 健康管理
  早期発見・治療、主治医、体温は目安、通院するときの工夫などについて説明しています。しつけや飼い方が分かります。

 右マーク 異常を見分ける
  様子や動作、各部位の症状などからの見分け方を説明しています。飼い方から分かるように。しつけも合わせて。

 右マーク 成長にあった健康管理
  子犬、成犬、老犬、室内犬、屋外犬についてそれぞれの健康管理について説明します。しつけ・飼い方とともにそうぞ。

 右マーク 伝染病と寄生虫
  主な伝染病、寄生虫についてその種類など説明しています。ここでも飼い方から。

 右マーク 季節ごとの健康管理
  春、夏、秋、冬、季節ごとの健康管理についてです。しつけが分かります。

 右マーク 看護のしかた
  薬、応急手当、脈と体温、包帯の巻き方の仕方を説明しています。

飼いぬし様はしつけ方や飼い方のご参考にしてください。

ブラッシングや爪切りなどは、犬がいつも元気で、清潔で美しくいるために必要です。

飼いぬし手入れは手間がかかりますが、大切なスキンシップでもあります。よりよい楽しい飼い方やしつけの方法です。

 右マーク 日頃の手入れ
  入浴とシャンプー、ブラッシング、コーミング、それぞれの仕方についてです。しつけと一緒にどうぞ。

 右マーク 各部位の手入れ
  爪、歯、目、耳、鼻、お尻、それぞれのお手入れの仕方についてです。

飼いぬしはしつけ方や飼い方のご参考にしてください。

いつも一緒の愛犬と旅行も一緒に行きたいですよね。

そんな時には、『犬と泊まれる地域別宿一覧』で大好きな犬と一緒に泊まれるたくさんの宿を探すことができます。

旅行やお出かけだってもちろん犬と一緒!、全国の「犬と泊まれる宿」を紹介いたします。

注意点はやはり、しつけや飼い方、マナーです。ここを押さえておけば、楽しい旅行になることでしょう。

linkpage
 
 
サイトメニュー
 
 
カテゴリから探す
 
 
人気犬種ベスト10
 
犬と一緒に旅行